Mysore Atsugi

厚木、愛甲石田でヨガ教室を開催してます。 アシュタンガヨガ、マイソールをメインにインヨガも指導してます。 ヨガのこと、日々の気づきを綴ってます。

2018年08月

自分のペースで生きるということ

相手は自分の写し鏡となるため


どうしても対相手との比較が出てきてしまうと思います



比較もある意味必要ですが、その使い方はやっぱり鏡として自分を見るべきです



毎日ヨガをやるともみさんは凄い




私も毎日練習しなくちゃ!




でも、今日は起きれずに挫折してしまった



明日こそ!




しかし、朝になるとやっぱり起きれずに自己否定




頑張り屋さんほど、この鏡の使い方を間違えやすいのかもしれません




私だって、毎日会社に出勤したり主婦やったりしてたら、こうも毎日一定な練習はきっとできないし



やろうと思わないとおもいます



やろうなんて思わないでしょう



私のペースはのんびりなので、追い込み練習なんてしたら心がポッキリ折れてしまいます



今でさえ、夜が遅ければ朝からガツガツ動ける日と動けない日があるから、ゆるく練習したりバリバリ練習したりの日々



人のペースなんて気にせずに、自分の置かれている状況をみて、上手に練習すれば良いだけ



週一でもよいし、月一でもよいし



毎日太陽礼拝一回でも、なにがいけないの?




自分の生活と合わせて、自分のペースで練習すれば、生き方だって自分らしく楽しくなる



焦らず自分のペースで




カメさんでもウサギさんでもアリさんでもキリギリスさんでもなんでもよいです






ヨガを実践する目的

なんのなためにヨガをやっているのでしょうか



おそらく、始めた時と今とではその"なんのため"が変わってきていると思う



私は、姉の真似っこです



姉がヨガやってたからやってみた



おねーちゃんありがとう😊



です❣️



運動神経の良い姉



憧れました



自慢の姉です



私は運動神経が悪くて悪くて



姉はいつも周りを引っ張るリーダータイプ



妹はヘッポコ



それを気にする母



それを傍観する妹ともみ



末っ子ってこんなもんです



気にしてません



子供の時の出だしがこんなだから



すごーいポーズとったり



すごーい有名になったり



先駆者になるとか考えられないのです



でも、人に求められるってことに対して、少し耳を傾けることも必要かな…と最近思えるようになりました



やりたいこともあるけれど、期待を受けるのも自分の好きなことへの糧になると思うので、頑張ろうと思います



今の私にとってヨガを実践する目的は、日常的にヨガを実践することへの指標になること…みたいな感じ



頑張ることではなく、意地になることではなく、カッコよくなることではなく



ダメって日常にペケをつけないこと



日常が素敵であることを知る=ヨガの実践



みたいな…🤔







いらない過小評価、そして解放

自分を過小評価すること



何気なく思っている事のほとんどの中に、この過小評価がたくさん混じっている



自分はアレやソレには対応できないと、日々の生活で感じる事、または対応したくない気持ちが先行して取り越し苦労する事



☆きっと会社でこんな事を言われる


☆あの人にこんなお願いされるだろう


☆こんな状況になるからやりたくない


☆電車で座れないかもしれない(笑)



そしてそれは全てはやってくる😱



そんな事嫌だ、対応にはネガティブな心しかない!



この気持ちが強いと、その反発心はとてつもないです



だから、余計にエネルギーを使ってしまいます



アシュタンガヨガの中の"ヤマ"にブラフマチャリヤがあります



ヤマ、二ヤマのあれです



ブラフマチャリヤは禁欲という意味として捉えられてます(一般的には)



ヒンドゥーが混じるので、解釈がややこしいのですが



そもそもはアチャリア(エネルギー)をブラフマー(創造主)に注ぐ、、という事になるので



そのエネルギーの注ぎ方に意識を向け、その注ぎ方を我慢ではなく解放しなければならない




ゆえに、あれやこれと考えに上がる事にエネルギーを注ぎ、自分では対応できない、したくないと抑える事で、それは負のエネルギーとして爆破または圧迫されてしまいます




自分ではそれは対応できず、できないしやりたくないと過小評価していると、それは現実となり負のエネルギー循環となってしまう



そんなことは考えなくてよい



その時に自分ができる事をやるだけ



対応できます



その時に自分ができる事をするだけ



できない事への恐れは不必要



その時にならないとできるか否かは対象ではない



自信を過小評価せず、できるできない関係なく、それはすべて対応できること…と捉えておく




この地球は全て循環し巡っている




だからこそ、エネルギーを溜め込まず解放する



無駄に溜め込むようなら、まずは練習すること



後先の事で不安を思っても、それは自分への過小評価



その時の状況に意識を向けて自分に何ができるのかをその時に対応する練習をしてみる


IMG_3008



塩見岳に登頂

IMG_2939

去年は雨で中止になった塩見岳へ!



山行予定は変わったけれども、天気に恵まれ楽しい登山となりました



IMG_2977



平日は人もいなく、山小屋も比較的空いていて、みんなが和気あいあいとしていて、本当に幸せな気分になりましたとさ



南アルプスにある山々はどこも山深く、登山口まで行くのになにかと一苦労…



IMG_2978



でも、それをも吹き飛ばすなにかがそこにはあります



山から降りたくない…



IMG_2974



なかなかそこから離れられない思いもある中での下山なのだけど、現実世界もまた楽しくいこうと勇気と元気をもらって地元へ帰るのです



IMG_2971



またヨガの指導を頑張ろう!って考えながら歩く🚶‍♀️




が、次の日はやっぱり体がカチカチに😱




力入れるとヤバイので、軽めの指導にさせてもらいました😵


Tomomi
Archives
ギャラリー
  • 私がどうしたいのか
  • 2020年って特別なのか?
  • 頑張るを選ぶ人
  • 目覚めさせられる私たち 2020年はラストの…
  • お庭に紫陽花が植えられた
  • 10年間を振り返ってみると、あの頃は…
  • 10年間を振り返ってみると、あの頃は…
  • フラワーエッセンス注入の日
  • いらない過小評価、そして解放
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ