Mysore Atsugi

厚木、愛甲石田でヨガ教室を開催してます。 アシュタンガヨガ、マイソールをメインにインヨガも指導してます。 ヨガのこと、日々の気づきを綴ってます。

2017年06月

ひまし油の効果が懐疑的すぎる

ついこの前山に登った時に、お湯を沸かすために持っていったガス管が壊れていたのに気づく


ガス漏れしてしまうから、栓を塞ぐためにバーナー部分をくっつけたまま下山


このまま捨てれないから使い切らないと…とゆーことで、その日からガス管使ってお湯を沸かしお茶とかコーヒーを飲む生活をすることになった


使っているのはモンベルのジェットボイルとゆーもの


90秒でお湯が沸くからなかなかガスが減らない…良いんだけど今は早くガス無くなってほしーの



そのジェットボイルなんだけど、お湯を入れる入れ物の蓋があんまりちゃんと閉まらない



ある時…ガンガンに沸騰したお湯でお茶を入れるために、茶葉の入ったポットに移し替える時、そのまま蓋が取れてポットを持っていた手にドバーーーって一気にかけてしまった!



熱い!!やばい!!


焦ったけど直ぐに頭に浮かぶのはひまし油



直ぐにひまし油を付けてティッシュで保湿


しかし、ヒリヒリしてきた


もっとたっぷりと保湿しなければ…と思いTシャツを破いてたっぷりとひまし油を浸して手に巻きつけラップ→包帯で保湿



直ぐにヒリヒリは治った



実はお腹にもお湯がかかってたからひまし油を付けておいた


そこもヒリヒリは治る



夜になり手の湿布をとったら、赤くもなくヒリヒリもせず



あれ?火傷しなかったのかな?みたいな



でも、お腹は湿布をしていなかったので、ちょっとヒリヒリ



今は手は何の問題もない



お腹は火傷の跡が残っている



比較して、どっちかってゆーと手の方が重症だったのに、手の火傷はまったくなく、比較的軽傷のはずのお腹は火傷の跡が少しのこるとゆー



こんな話を母にしたら、とっても怪しそうな顔してました



そんな母も何かあるとひまし油使うくせにw

いつかはやってこない

いつかは…なんて考え心に留めていたけれど、それだけ



行動なしではいつかは現実にならないんだよなぁーーー



わかってるくせに、そこまで本気に考えてなかったんだと思う



いつか先生を厚木に呼びたい



さて、何年経ったのか



生徒が増えないと呼べない




生徒が少なくっても大丈夫だよ、とはいわれても



申し訳なくてよべない



とか言い訳



私ごときで生徒の数なんて増えません




増えたり減ったり




そもそも増やそうとも思ってなかったから、いつかはもちろんやってこない



誰か呼んでくれないかなぁーーーとか人に頼りたい気分




本気になるべきかいなか



よくわからない

水が流れる音がして癒される

この時期になると田んぼ用に側溝にお水が沢山流れる



私のお部屋の外側に田んぼ用の側溝があるから水が流れる音がして癒される



水が流れる音ってイィ〜



川の近くに住んでるみたいでイィ〜



ちょっと蒸し暑くなって来たから、より水の流れる音が涼しくさせてくれる

また風邪ひいた

5月から6月にかけてまた風邪ひいた



弱ってる



弱った原因はわかってる



寝る時間が少ない




ねればいーのよ、ねれば




仕事より、ヨガより、食事より



睡眠




寝ることも仕事




今日は久々に体も心も元気一杯で




なんだかとってもスッキリ!




昨日、シンギングボールの講座を受けて、


トリートメントされたりしたり、、一日中やってたからかも?




元気が一番

視野の狭さ

視野の広さ







許容の広さ







比例する




許せる、何も思わない=その時の視野の広さがその程度ある




イラっとして許せない=視野の狭さを自覚する



知恵をつけて物事に対応したり理解を深める事が大切




ヨガやってて夢中になりすぎて頑張りすぎてる時、そればっかり気になっちゃって他に大事な事がおろそかに



前のポーズは?立ちポーズは?呼吸は?目線は?



冷静になって心を落ち着かせて執着をなくして明日の自分のために今日の自分を許してみる



もちろん、ヨガだけじゃなくて…あんな事やこんな事も
Tomomi
Archives
ギャラリー
  • 私がどうしたいのか
  • 2020年って特別なのか?
  • 頑張るを選ぶ人
  • 目覚めさせられる私たち 2020年はラストの…
  • お庭に紫陽花が植えられた
  • 10年間を振り返ってみると、あの頃は…
  • 10年間を振り返ってみると、あの頃は…
  • フラワーエッセンス注入の日
  • いらない過小評価、そして解放
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ