Mysore Atsugi

厚木、愛甲石田でヨガ教室を開催してます。 アシュタンガヨガ、マイソールをメインにインヨガも指導してます。 ヨガのこと、日々の気づきを綴ってます。

2017年05月

取り組み

好きなことだけではなく苦手なこともやっていく…


好きなことを伝えるためにも苦手なこともやっていく…



日本に帰還してから出会った私のアシュタンガヨガのお師匠さんは、色々とアシュタンガヨガについてのワークショップを開催したりとちゃんと伝える事にしっかりと励んでいた



横目で見ていた私的には、私にはそんなに精力的に人に働きかけられない、なんて思っていたのだ


そもそも実践、経験が少ないし、知らない事多いし、探究心も少なかった



がーしかし、指導経験が長くなるにつれ、色々な人に出会い、探究心が増え、そんなこんなで苦手な人前にでる事をやっていこうかと、、ちゃんと思えるようになった



私が伝えなきゃいけないわけではない



しかし、地元でアシュタンガヨガを広めたいのに、家の中にこもってるのも変だよね…


頑張って家の中からはいだして、もっとアシュタンガヨガを広めていこう



伝統的なヨガといわれているヨガではなく、なぜアシュタンガヨガなのか



そこも、実践したり探求することでわかることがたくさんある

カルマ=良い行いをする?

ヨガ的なのかはわからないけれど


カルマを浄化するために、今世で良いことをする


なんてことをTTで習った気がする



確か…



なんだか悪いイメージの多いカルマさん



カルマとはその通り行いのことであって



前世の悪い事を浄化するためではなく



今、何かに直面した時に、其れ相応の対応と行いをする事で、それらをクリアする…みたいな事



今世で出会うそれらは宿題であって、毎日のようにその宿題をクリアしていっている…みたいな感じ



何か行いをして宿題をクリアしていく



ヨガをしたり人と向き合ったり…



様々な活動をしたり革命を起こしたり…



でも、そこに批判をおくとまたカルマが増えてしまう

ヨガをやる理由

ヨガを始める理由は人それぞれ



きっと最初は健康的な意味で始めた人がほとんど



ダイエット、精神面、体の歪み解消、ストレス解消



どれも健康を大事に思うからこそ



でも、ヨガを段々深めてゆくと、ぶち当たる壁がある



なぜヨガをやるのか…



ヨガを始めた当初は体の変化が顕著で効果がわかりやすい



しかし段々と敏感になる体と心は変化が良い方向に向いているのかわからなくなる…



で、これでよいのか?このやり方で大丈夫なのか?色々と不安になったり、ヨガの意味もわからなくなったりする



そこで、振り出しに戻ると、健康という言葉



ヨガは健康の為にやるものなのか?



ヨガを深めていくと、修行めいて来てしまうから、健康のためとかどーとかって…ってなりがち



とくにアシュタンガヨガ!!



グルジは、もう末期の重病な患者を医者から無理やり押し付けられた…みたいなかんじで、もうあとは死ぬのを待つだけな人々にアシュタンガヨガを指導し続けた



体を支えてポーズをとらせ、できるものはやらせる



そんなこんなで、末期の人々も心が穏やかになって、そして病気による痛みだって和らいだ



そして幸せな気持ちで星になった



人は誰でも死ぬのだから、末期だろうと死ぬまで生きる為に、生きることへの喜びを得る資格はあるはず



痛みに耐えるだけ、死ぬのを待つだけではないという事



心身の状態がどこにあろうとも、ヨガをすることは健康へと繋がるし喜びのある人生を送れる


健康の為にヨガをやる事はもても健全な事



自分の人生を豊かにする為に、続けていったり、人に伝えたりしていけば良いのではないかと思う、、今日このごろ
Tomomi
Archives
ギャラリー
  • 私がどうしたいのか
  • 2020年って特別なのか?
  • 頑張るを選ぶ人
  • 目覚めさせられる私たち 2020年はラストの…
  • お庭に紫陽花が植えられた
  • 10年間を振り返ってみると、あの頃は…
  • 10年間を振り返ってみると、あの頃は…
  • フラワーエッセンス注入の日
  • いらない過小評価、そして解放
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ