Mysore Atsugi

厚木、愛甲石田でヨガ教室を開催してます。 アシュタンガヨガ、マイソールをメインにインヨガも指導してます。 ヨガのこと、日々の気づきを綴ってます。

直感を信じれない時

あぁ、、、なんか嫌な予感がするんだよな…



って思ってたら的中



直感に従わずおこなった行動により、失敗の巻き



なんで直感を信じなかったんだろうなって考えたら



たぶん面倒が先に着て、自分の事をないがしろにしたんだと思う



でも、この行動により、もし直感に従ってたら



自分の直感てすげーーーって気づけなかったじゃん!とかおもったり



人生の戒めとして失敗もあるのだともおもうし


IMG_1733



うん、、、なんでもいいや


直感を信じたり信じなかったりして


自分すげーーーって思うの楽しい

人に伝えるための波動=日々の自分

毎日やっているだけで、身についていくものってわかりにくいかも


でも、確実に身につくんだなぁーって思います



子供の頃も、できなかったものができるようになるのって、挑戦したりするからだったり

上手にお箸も使えなかったけど、毎日使うからコツを覚えるよーな、そんな感じ



日々のヨガの練習は、修行してるわけじゃない


嫌だったらやってないし、なにか身につけようとして必死こいてるわけでもない


ただ、なんかやりたくってやってる


ただ良いと思った直感なようなもの




21日は夏至でした


マントラと瞑想の会を開催


IMG_2681



何度も何度も永遠とマントラを唱える


大勢でのマントラは体がボウボウと燃えて大きな塊になった


誘導瞑想では、タッグを組んだクリスタルボウル演奏をお願いし、光となる瞑想へ


普段私がやる瞑想をそのまま言葉に


瞑想は普段言葉にはしないものの、日々の行いは自動的に言葉に変換されていた


その言葉は波動となり周りは同じ体験をしてもらう事ができる


もし、日々の行いがなければ、この波動は流れて出てくることもないもの


人に繋げるには、まずは自分から


できることからコツコツと

どこまでこだわるのか

オーガニックを遊び感覚で楽しんでいるのだけど


FullSizeRender
「カルディーのハーブティー、当たりだった!
これ美味しい(カナダ産😍)」



どこまでこだわるかは考えどころ


今はまだ健康のためよりも選んだり探しだすことを楽しんでいるだけだから、そこまですっごくこだわってはいない


例えば、オーガニックで育てられたその野菜


肥料も動物の糞などであれば、その動物がなにを食べたのか(おそらく輸入されたモンサントの穀物)、ホルモン注射されたのかなどなど、気にしなければならない


実際に影響があるかといえば、糞自体にはガッツリ影響はあるけど、それが土になり植物が栄養として取り入れ、私たちが体に取り入れるとなると、大量に食べることがなければ影響はさほどないわけで…だからそれで良いのか…


無肥料でもその土地はどのくらいオーガニックな土壌なのか…周りからの影響は?


(最近の話しではアルガンオイルで有名なモロッコにモンサントが入ってアルガンオイル作り始めてるとか…🤨)


アメリカとか北米、ヨーロッパにいけば、普通にスーパーにオーガニックは売ってるけど、どこまで本当のオーガニックなのか、、、こだわって作ってる場合はバックグラウンドまでわざわざ記載するくらいのこだわりよう…というか、うちは本物だよアピールでそこまで記載しなければならない現実


奥を見ると永遠と見えないから、もはや野菜育てる、ハーブ育てる、コメ育てる、結果自給自足でパーマカルチャーに足を踏み込むことになるのだろう


それはそれで楽しいのかもしれないけど


いづれそうなる日本がくればいいなってちょっと思う


国として凄く素敵だとおもってしまう


すでにイスラエルやキューバみたいな自足自給率100%以上といった国が注目を浴びていて、素敵だなぁ…生きるってそーゆーことだよねー


7E87FD44-C3A0-4026-B5DC-02BE4DBF0C1F



体使って色々と育まなきゃね


忙しいは動きたくない言い訳かしら


基準をもとめるなら、地球に優しいかどうか






五感で見る感覚

FullSizeRender

ハーブたっぷりな花束💐


ナデシコもふもふ気持ち良い👋


色味も綺麗で癒される👀


センス良すぎる


偽物に見える本物の花束🤭



五感を感じるってウキウキします



ヨガは朝やると呼吸のお風呂に入ったように、体が内側からじゃーーーーっと洗われた気持ち良さを感じる


それは神経の通りもよくなったり、鼻の通りもよくなったり、脳みそスッキリ視界もよくなったりと、五感大満足だったり…それって心も気持が良かったり



体を健康にすること、維持することは霊的進化への影響があります



霊的って言うと友達がヘドロを吐くので、



いやいや、精神世界のような事だよ、というと納得してくれます



意味わかんないけど、言葉の選び方が重要らしい



それもきっと一つの五感の反応なのかな

ヨガをやるきっかけ

ヨガをやってみたいと思うはじめの一歩の理由は人それぞれ


IMG_2602



☞まずは健康でありたい

☞体を引き締めたい

☞精神力をアップさせたい


どんな目的であれ、その第一歩を踏み出すのはヨガとは限らず、踏み込みに時間がかかる人や、はたまたやると決めたら明日にはもうヨガやってる人までまちまち



ともみの場合は、カナダにいるときにカナダ留学している日本人の女性の方が、とってもスタイル良くって羨ましくって、なにをしているのか聞いてみたら、実はヨガをやっていると…

日本人体型とは思えぬスタイルに目ん玉飛び出ましたよ

でも、その時はヨガに興味は示したものの飛びつきはせず、いつかやろうと…そんな20代前半


その後二年が経ち…今度は姉がヨガを始めたのです

妹という生き物は姉の真似をしてしまう習性がありいてもたってもいられません

が、しかしそこもまた直ぐにははじめず…そこから約半年から一年後にやっとヨガを始めましたのでした



ともみの習性としては踏み込みに時間がかかるタイプなのでしょうか…決めたら直ぐ!なイメージを自分でも持っているけれど、物事には自分のタイミングがあるみたいです



Mysore Atsugiにやってくる生徒さんは、ほとんどがヨガ始めて、なんのことやらさっぱりな方が来てくれます

不安でいっぱいな感じなのですが、そんなにガツガツやることはないのでご安心を

始めてヨガに触れる方はとっても素直にヨガのあれこれを受け入れてくれるので嬉しいです



そして最近は、以前と比べてヨガの経験者も多く、アシュタンガヨガをやってみたい!という方が来られることもしばしば

それもなんだか嬉しいです



経験をすることは、どんなことであれ人へと繋いでいくことができる素晴らしいもの


繋げることの大切さはここからくるのではないかと思います

未知の世界

この二、三ヶ月、会ってみたかった人達に会いに行き、見たことのなかった世界を見させてもらいました。


未知な世界を開拓し、面白い体験色々して満足満足!


今年中に色々な世界を見るぞーー!って意気込んでるのがなかなか抜けない。


ヨガの練習はもちろんしてるけども。宅練ジャー再開。


そんなこんなで、まったくヨガの練習に渋谷へは行ってません!汗
来年は安定していけるはず…


最近はJRに乗ると頭痛が酷くて…な言い訳で。おそらく心の問題?!


今年は気持ちがそれどころではなく、とにかくヨガは日常においといて、他に目がいってます。


でも、そうすると、日常のヨガの練習はとっても落ち着きます。安定してて体も調子良い感じで、宅練スゲーってなる。


10年前の宅練三年間を思い出すヽ(´ー`)
あれはあれで幸せであったなぁ。


今年はラストスパートで、来年できないことを詰め込んでいきます

IMG_2484


着物も着れるようになりたいし…!

How to

突然の気温変化と気圧変化はやっぱり体がついていけない


季節の変わり目は覚悟してるけど


五月の気温気圧変化はこたえます


首もやっちゃった


負傷のおかげで疑問だった事が解明できたのでよかったのかなんなのか






気圧の変化は周波数の変化にもかかわるらしく、体に影響があるらしい


周波数って音のイメージだけど、人間も周波数を発して振動しているわけで、そりゃ影響あるよね


何があろうとも自分は自分なので何もしなくて良いんだけど


気分は上げておきたいよねぇー


そもそもあんまり気分に波ないけど🤫


好きなことやってれば間違いない!
↓↓↓💞↓↓↓

FullSizeRender




普通の人のカルマ

カルマとは業というけど意味わからないよね


前世からカルマを背負ってそれを今世の課題としてなんのかんのするとかなんとか…


そうなると、カルマと向き合うのが嫌で、「そんなもんねーよ」、ってなると思うのだ



でも、もっと簡単にカルマを説明すると


カルマは記憶


だそうです


誰だってもっている記憶


死に直面するときも、今世のカルマ=記憶で次生でどう生きるかを決めることができるんだそう


カルマには良いも悪いもないので、その記憶が必要なら引っ張り出して、今を生きるのが良いのだと思う


私は特別な存在ではない


存在して当たり前なのが私

感覚的に同調が自然とできる時

体感としてその場の同調ができるのはとても重要であり、それが出来るととても気持ちが良いものです。



例えば、サッカーや野球観戦でみんなで自然とウェーブを作るとか、みんなが同じ心を持ってデモを行うなど。


また、プロの合唱団の歌声が素敵なのは、その歌い手がみんなで同調しているから。


などなど。


一人ではなく、二人以上の人が呼吸を合わせた時にだけ発生する空間的同調は、体感としてとてもわかりやすいです。


アシュタンガヨガのレッドクラスはプライマリーのポーズの順番、ヴィンヤサをある程度知っていることが条件です。


そうすることで、カウントの見直しをしやすいということもありますが、空間的な同調による瞑想も同時に行えます。


面白いお話で、

12月に108回の太陽礼拝を行いましたが、数名の人から「カウントの間隔を私の呼吸に合わせてくれていたんじゃないのか」…と言われました。

私は誰に合わせるわけでもなく、ペースを変えずになるべくカウントを取るこのに集中していただけ。

それぞれの生徒さんは、おそらくその場の空間に同調して呼吸がメトロノームの同期現象と同じようになったのでは…と思います。

この同期現象って実は動物的な本能による能力だそうです。人間は一人になってきているため、その能力によって行動するのが苦手らしい。

空間的同調がヨガでも味わえるレッドクラスって凄いね。それもまた一つの動物的感覚を目覚めさせる一つのツールなんだと思います。

やっと立春

一月はあっという間に過ぎるとはいかず、随分と長くかんじ、そして二月もまだ上旬か…今年は日々が長く感じる。


立春はお参りをします。
おみくじ発祥の地、戸隠へ。
戸隠のおみくじは難解ですが、中身を知ればそれはその年の道しるべとして役立ちます。

今年はお伊勢さんの神さまに感謝する年とでました。

IMG_2027


その後は恒例の雪遊び。
雪の中ザクザクです。
社が埋もれてます。

IMG_2046






ヨガは日常だけども、それにはとらわれずに、やりたい事ややるべき事、見直す事、取り込まれる事、色々と考えながらも身を任せるしかなく日々を過ごし、心配事は尽きないけれど、行き着くところには行けるのかなぁ…と思う。


「気分良く過ごせているのか(精神の健康)、元気に過ごせているのか(肉体的な健康)」
小児科医の真弓定夫先生がこんなことを言っていて、当たり前やん…と思うんだけど、そこに着眼せねば、ヨガをやったって、健康法を色々やったって、病気をしていたのならなおさら、本質から遠のき盲目になりかねない。


気分悪く元気がない、そしてそこから何もしようとしないのは、そこにとどまりたいからなのかもしれない。


矢印を変えるには、良い世の中になって欲しいと切に思う気持ちが生まれないと、なかなか気分良く元気になれないかもしれないね。



毎日の練習で気づかないこと

ここ一ヶ月練習をお休みしてみました。


一ヶ月も…


毎日の練習がまるっきり練習なしって、結構衝撃


でもなく…ゆっくりしてたなぁー、、くらいで


ヴィパッサナー瞑想で10日間練習をやめたときよりも


ダメージ少なく練習再開してます


ヴィパッサナーの時は、食事制限、行動範狭い、思考も停止で、とにかく全てが止まってた


今回はバケーションのつなぎからお休みしてたから、食べて、遊んで、喋って、と普通に暮らしていたからか…


筋肉が落ちたくらいで、逆に体は柔らかくなり、筋肉がなくなったからなのか、筋肉痛もなかったです


ただそれだけなんだけど、やっぱりいままでと違うことは、練習の質だ


日々の練習って凄いなぁと感じたのは、コツコツとした変化って見えにくいけど、繊細な部分を見分けながら練習できていたのだと


体に必要な筋力がついて、体力がついて、だから感覚が見えてくる


意識の向け方、集中の仕方、自分を大事にする気持ちまでもが、まったく違うのがわかる


なぜ練習が「日々の行い」に入るのか、何年もやり続けなければわからないことは沢山あるし、これからもわかることが増えてくると思う


でも、立ち止まるとよりわかることもあるのでは


The first duty is take care of the body, which is the means to the pursuit of spiritual life.


といった言葉がありますよ

10年ぶりの🇨🇦カナダ🇨🇦

10年ぶりにカナダへ🇨🇦


image



バンクーバーで一緒に働いていたジャスミンのもとへ



いつも日本にばかり来てくれていたので、今年は私が行く!



今はCanmoreという小さな町へ引っ越し、Banffにあるとあるアウトドアギアショップのマーケターとして働き始めたジャスミン


image




バケーションで行きたいんだけど…と相談すると、お家へおいで!と言ってくれました



今の時期はマイナスの寒い世界だけど、美しいマザーネイチャーを見るために、感じるために極寒の地へ辿り着きました


image




しかも、10年ぶりにジャスミンの愛犬にも再開



image




子犬の頃はよく預かったりもしていたからか、私のことを覚えていたらしく、30分くらい鳴きわめいてました



極寒の地は寒いけど底冷えもせず、案外大丈夫だったり…



小学生なんて、ヨガパンツにパーカースタイルが流行っているらしく、寒そうだけど元気だし…



部屋の中は常にあたたかいから、毎日映画を最低でも3本くらいみて、だらだら過ごしてました


image



映画をここ一年ぐらい全然みれてなかったからか、二週間まったく映画三昧にあきません


あと二週間だらだら出来そうだけど、現実に戻ろうと思います


image


わびしさがない

きらびやかなクリスマスのイルミネーションは心が踊る


image




室内のツリーも暖かさを感じる



でもなんだかわびしさも感じる




日本ってクリスマス終わったら



正月だぁ〜って次の日からはやがわりだから



わびしさもなんもないよね



お正月大好き



心がフレッシュになる



今の時期はお正月にウキウキする

冬にやるべき事

冬って寒い



だから眠いしお腹もすく



冬は眠らないと、春の芽がでない



だから



たくさん栄養をとって



たくさん寝る



東洋医学的に。




でも、動くのも大切



動くことをやめたら、それは退化と劣化につながって、身体が衰えれば心も衰え、考えも意識も衰退するから




しかし…



動くことについて、あんまり言わない人は



動くことの大切さよりも



今は心を労わることに労力を向けているのだと思う



動けぇーーーって言ってる人は



今は体の感覚に目を向けているのだと思う




私は自分には後者だけど



前者が必要な人もいるから、自分の体のと心と相談した方が良いと思う

人を判断する時

人を判断する時って


見た目だったり


相手の出方とかで


その人となりを決めると思う


でもそれは、自分にとっての判断で


それがその人自身の中身でもなんでもなく


主にそれは、自分の事になる



相手は自分の写し鏡


相手をどう見るか、何を見るかが


自分自身と対面していることになる


周りがいい人ばかりなら、きっとそれは本当に幸せなこと

自分らしく生きるとは

自分を出すのは悪い事ではないかもしれないけど


出しすぎて周りと距離がでてしまわなきよう


コミュニティの場所では気をつけなければならない


今日、そんな事にやっと気づいた


出す場所と控える場所の区別がわからないのが難点

母の災難=ひまし油で解決

image


なにかと母は、自分自身に色々な災難がおそいかかる


どうしてそーなった…をよく見てきた


家の中にいるだけなのに、顔に痣ができたり(みずから蛇口に激突)、足にでっかい青タンつくったり(勢いよくぶつける)


以前は死にそうになるまで肺炎を我慢したり…(それだけはやめて)


心配でしかたありません



そんな心配があるなか、さいきん連絡をとっていなかったので、今日こそは母に連絡をとろうと思ったら、向こうから連絡してきた(さすが親子)



「ひまし油を調達せよ」



以前あげたひまし油がなくなりそうだからとのこと


そこから、ひまし油のすごい効果について語り出した



数週間前、ボランティアで施設の昼食を作っていたところ、油が手にビチャーっとかかってしまった


その時は冷や水でしか対処できず、家に帰ってから直ぐにひまし油をぬると、ひりひりしていた患部がまたたくまに引けていき、その後もひまし油をつけ続けたら、患部は水ぶくれすることなくよくなったのだとか

おそらく、すぐにひまし油をつければ何事もなかったはず、だが、、すぐにひまし油をつけれなかったことが無念



さらに、数日前、蜂にさされた


しかも、両手に


手のひらはぷっくり腫れてしまい、薬局に行って腫れ塗りぐすりを買ってつけていたが、いっこうによくならず、


そーだそーだひまし油!と全体にしっかりひまし油塗ってみると、みるみるうちに腫れが引いた



こんな体験から、母は感激感激と言わんばかりに、こんな体験談を教えてくれ、ひまし油を欠かせない、となったのです

たっぷりお休み

旅行したり、仲間と和気あいあいとしたり、1人の時間を過ごしたり、学んだりの盛りだくさんなお休みを一週間ほど過ごした



ゆっくりできたし、楽しかったし、発見あり、学びあり



ヨガから離れた時間を過ごして、久々にヨガをやってみると、


とっっっっても体が重かった!!




ちょうどマイムーンでもあったから、休まざるおえなかったんだけど、久々感がありすぎて、気持ちがすでにそーゆー方向な思考だったんだろーな



旅行は雨で登山が中止になり、代わりにお宿に泊まりに行くことに



一日一組だけ泊まれるおより亭
image



食事はお宿の人が一つ一つ丁寧に作ってくれて、さらに囲炉裏で川魚や山菜を丁寧に焼いてくれます
image




おじさんが仕留めた鹿肉やら、近所のお野菜やら…食べきれない人の分まで平らげたよっ




長野県大鹿村はゼロ磁場があることでパワースポット人気があったらしく、分杭峠が一番有名らしい



私は知らなかったが…



お宿の人オススメのゼロ磁場スポットに行ってみたら、色々な事が起こりました…


ゼロ磁場って感覚が敏感じゃないと分かりづらいかも?と思ったけど、ちゃんとみんな感じる事ができます!



ゼロ磁場、、だからないにっ!!って感じだけど、体験としては楽しかった

ポーズにとらわれてはダメなの?

アシュタンガヨガはアーサナにとらわれすぎる



とか




なんちゃらヨガは凄いアーサナばっかりやってヨガの本質ではない




とか





アーサナ、ポーズにとらわれてるから、もっと内面や哲学などもやらなければならない





とかとか…




どっちでも良いと思う





どのみち、ポーズから入っても、きっとついてくるものはついてくるし、どっぷりポーズにはまったらそれはそんな人生なのでは…ないだろうか




それはそれで、楽しいだろうし





それをやってる人が悪い人でもないし



そもそも、どーゆー意識でヨガやってるかなんて、見てわかるもんじゃない




でも、
なんとなく、どっちもエゴイズムが見える




訴えられると、えっ、、てなるじゃん







ポーズと向き合ってるの



それだけさ

ひまし油の効果が懐疑的すぎる

ついこの前山に登った時に、お湯を沸かすために持っていったガス管が壊れていたのに気づく


ガス漏れしてしまうから、栓を塞ぐためにバーナー部分をくっつけたまま下山


このまま捨てれないから使い切らないと…とゆーことで、その日からガス管使ってお湯を沸かしお茶とかコーヒーを飲む生活をすることになった


使っているのはモンベルのジェットボイルとゆーもの


90秒でお湯が沸くからなかなかガスが減らない…良いんだけど今は早くガス無くなってほしーの



そのジェットボイルなんだけど、お湯を入れる入れ物の蓋があんまりちゃんと閉まらない



ある時…ガンガンに沸騰したお湯でお茶を入れるために、茶葉の入ったポットに移し替える時、そのまま蓋が取れてポットを持っていた手にドバーーーって一気にかけてしまった!



熱い!!やばい!!


焦ったけど直ぐに頭に浮かぶのはひまし油



直ぐにひまし油を付けてティッシュで保湿


しかし、ヒリヒリしてきた


もっとたっぷりと保湿しなければ…と思いTシャツを破いてたっぷりとひまし油を浸して手に巻きつけラップ→包帯で保湿



直ぐにヒリヒリは治った



実はお腹にもお湯がかかってたからひまし油を付けておいた


そこもヒリヒリは治る



夜になり手の湿布をとったら、赤くもなくヒリヒリもせず



あれ?火傷しなかったのかな?みたいな



でも、お腹は湿布をしていなかったので、ちょっとヒリヒリ



今は手は何の問題もない



お腹は火傷の跡が残っている



比較して、どっちかってゆーと手の方が重症だったのに、手の火傷はまったくなく、比較的軽傷のはずのお腹は火傷の跡が少しのこるとゆー



こんな話を母にしたら、とっても怪しそうな顔してました



そんな母も何かあるとひまし油使うくせにw
Tomomi
Archives
ギャラリー
  • 私がどうしたいのか
  • 2020年って特別なのか?
  • 頑張るを選ぶ人
  • 目覚めさせられる私たち 2020年はラストの…
  • お庭に紫陽花が植えられた
  • 10年間を振り返ってみると、あの頃は…
  • 10年間を振り返ってみると、あの頃は…
  • フラワーエッセンス注入の日
  • いらない過小評価、そして解放
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ